カテゴリー: 小説・エッセー・文学Page 1 of 6

東京買い出し成果その2

少し焼けてますが、海外文学も色々バラエティに富んだ本が手…

気ぜわしい年末に、ブラッドベリの短編を。

何かとあわただしい12月になりました。去年は色々をあきら…

地道に清掃中です。

今日はチェーホフ全集の清掃をしています。比較的保管状態が…

もどかしい1冊です。

タイトル一見しただけで、これはブリティッシュな皮肉とユー…

刑事マルティン・ベック x 10

文庫ミステリをせっせと整理していたら、刑事マルティン・ベ…

5番目ってどう思います?

本作は、江戸川乱歩が1935年以降の世界ミステリ作品ベス…

骨ではなく名前です。

マット・デイモンの代表作のひとつ、映画「ボーン・アイデン…

今週の新入荷

少し古めのミステリや、児童書、評論など、色々入荷していま…

記憶、父子、雪。

フランスの児童文学作家、ユベール・マンガレリの手による物…

今週の入荷分から。

アーヴィン・ウェルシュ、トールキンなど入荷しております。…

奇妙な短編x33+1。

色々なタイプの不思議な・奇妙な短編の書き手が古今沢山おり…

シヌヘの大冒険。

「ミイラ医師シヌヘ」ミカ・ワリタリ/木原悦子訳 古代エジ…

画家の詩文。

本日の棚出し予定の本たちから、荒俣宏編纂の幻想短編集「魔…

親子本。

知的でユーモアあふれる作風のジュリアン・バーンズの手によ…

消極的セール。

みのわようすけさんの個人出版シリーズ、そろそろ追加発注し…

原題:「Otras inquisiciones」

直訳すると、「そのほかの異端審問」でしょうか。 本書あと…

本日の入荷本

小説、エッセー、SFいろいろ棚出ししました。 カルヴィー…

中身が大事。

アーサー・C・クラークの「幼年期の終り」は、文庫だけでも…

風刺にユーモアを。

ワシントンポストの名コラムニストだったアート・バックウォ…

普通の?シェルダン。

超訳版では「真夜中は別の顔」のタイトルになっていた、シド…

沈黙のxx。

農薬の広域散布による環境への影響を訴えたレイチェル・カー…

大人のブラック。

ローラン・とポール、ボリス・ヴィアンやロアルド・ダールほ…

コロナの時代の寓話たち

先日紹介したユアグローの最新短篇集が出ているのを知り、取…

不条理ショートショート。

カフカの断章のような、1、2頁ほどしかない長さの奇妙でシ…